頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

坐骨神経痛の治療では病院からどんな薬が処方されますか?

スポンサーリンク

坐骨神経痛の疑いがある臀部から下肢にかけての痛みや痺れ

臀部から下肢にかけて痛みや痺れなどの症状が現れた場合、この症状は“坐骨神経痛”の症状が現れている疑いが濃厚であると言えるでしょう。

このような坐骨神経痛の痛みや痺れという症状が慢性化して悪化させてしまいますと、極当たり前の日常生活が脅かされることにもなりかねないのでご注意いただきたいと思います。

もし、『坐骨神経痛かもしれない』などと不安に思う場合は、やはり病院に行って診察をしてもらうべきです。

病院では鎮痛剤が処方される坐骨神経痛

もし仮に、病院に行って坐骨神経痛の症状が現れていることが確認されると、一般的には鎮痛剤が処方されることになるでしょう。

坐骨神経痛の症状が現れている患者さんの多くは、病院では消炎鎮痛剤を処方してもらっています。消炎鎮痛剤には、炎症を抑えて痛みの症状を軽減してくれ効果がありますからね。

ただ消炎鎮痛剤は、なかなか強い薬であることから、服用すると胃が荒れることが多いことから一般的には一緒に胃の薬も処方されます

循環障害改善薬が処方される血行不良が原因の骨神経痛

坐骨神経痛という症状は、血液の循環に滞りが起きて血行不良が原因となって現れることがありますが、このようなケースでは循環障害改善薬が処方されることもあります。

循環障害改善薬を服用することで血行不良が改善されれば、結果として坐骨神経痛の症状も改善されることになるでしょう。

神経が圧迫されている時に処方される筋弛緩剤

坐骨神経痛という症状は多くの場合、腰椎椎間板ヘルニアなどのような病気などが原因となって神経が圧迫されることで症状が現れることになります。

このような場合は、筋肉のこわばりを緩和させることで症状が改善できるケースもあったりします。この時に処方される薬が、筋弛緩剤なのであります。

坐骨神経痛に効果があると言われているビタミンE12

薬ではありませんが、ある栄養素を摂取することで症状が改善されることがあります。その栄養素がビタミンE12なんですね。

なぜビタミンE12が坐骨神経痛の症状改善に効果があるのかと申しますと、それはビタミンE12には、血液の循環を良くする効果を期待できるからなのです。

仮にビタミンE12を摂取するということであれば、サプリメントで簡単に補給できます。

根本的な治療にはならない坐骨神経痛の薬物療法

前述したような薬は、坐骨神経痛の症状を緩和させるためには有効なのですが、しかし根本的な治療にはならないのであります。

坐骨神経痛という症状を根本から治すためには、原因を取り除かなければならないことを、ぜひ認識していただきたいと思います。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法