頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

坐骨神経痛とは何らかの病気が原因となって現れる症状のこと

スポンサーリンク

病名ではない坐骨神経痛

皆さんもどこかで、坐骨神経痛という言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか?坐骨神経痛という言葉は、決してそれほど珍しい言葉ではありませんからね。

そして世の中の多くの方は、坐骨神経痛のことを病名だと認識しているかと思います。しかしながら、坐骨神経痛は病名ではありません。

坐骨神経痛とは、何らかの病気が原因となって坐骨神経に痛みや痺れなどが現れた時に使われる症状の名称なのであります。

ちなみに坐骨神経は、腰から膝付近まで走っている神経であり、私たちのカラダの中では最も大きな神経になっています。

坐骨神経痛の初期症状

前述した通り坐骨神経痛は、何らかの病気が原因となって坐骨神経が圧迫されて現れてくる症状のことを言いますが、その原因として最も多いのは何と言っても腰椎椎間板ヘルニアということになるでしょう。

坐骨神経痛の初期症状としましては多くの場合、臀部に痛みとは言い難いような痺れのようなものを自覚することになるんですね。

坐骨神経痛が現れる、極々初期の症状は痛みや痺れというよりも違和感です。このような、極めて軽度な症状であることから、この時点で病院に行く方は大変に少なく、結果として放置されることになります。

そもそも坐骨神経痛の初期段階では、違和感が常時続くわけではありませんから尚更ですね。

放置されることで徐々に悪化していく坐骨神経痛

坐骨神経痛は、初期の段階では臀部に多少の違和感を自覚する程度なことから、放置する人が圧倒的に多いわけですが、坐骨神経痛は放置されることで、徐々にではあっても着実に症状が悪化することになります。

具体的に言いますと、臀部に感じていた違和感は大腿部へと範囲が拡大してまいります。違和感の範囲が拡大すると、階段を登ったり下ったりの動作時に痛みを感じる人が増えます。

階段の昇り降りで痛みを感じるような症状が現れた場合は、速やかに病院に行って診察をしてもらうべきです。

坐骨神経痛の悪化で現れてくる症状

前述したような症状でも病院に行って適切な治療を受けないでいますと、症状はさらに悪化して酷いことになります。具体的には、臀部の違和感はハッキリとした痺れとなって現れて、痛みなのか痺れなのか分からなくなるでしょう。

そして最悪の状態である、排尿障害や運動障害という現れてくる患者さんが現実にいらっしゃるのです。

そうはならないためには、やはり坐骨神経の疑いがあるような症状が現れた場合は、できるだけ早く病院に行って適切な治療を受けるようにしてくださいね。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法