頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

膝などの関節痛はマッサージや指圧で改善することができますか?

スポンサーリンク

関節痛にマッサージや指圧が効くか気になりませんか?

関節痛と言いますと、それが単に一時的なものであれば良いのですが、多くの場合、一度症状が現れるとクセになるかの如く、再三、症状が現れるようになります。

特に寒い季節はいけませんね。寒い季節になると患部が冷えて血液の循環が悪化することから、症状が現れたりするのであります。

さらに言えば、関節痛を慢性化させてしまった方は辛い思いをすることが多いのではないでしょうか?

このように、関節痛の悩みを抱えている方が街中を歩いていると、もしかしたらマッサージや指圧の施術を行っている治療院の看板が目に映るかも知れませんね。

ところで、このようなマッサージや指圧による治療は関節痛の症状を改善させる効果を得ることができるのでしょうか?

まずは病院に行って治療を受けるべき関節痛

もし今現在、関節痛の悩みを抱えているということであれば、まずは整形外科がある病院に行って診察を受けるべきです。ここはやはり、関節痛が起きている原因をハッキリとさせるべきでしょう。

その上で、マッサージや指圧で症状を改善させることができるのかどうかを確認する必要があります。

人間のカラダには、一説によりますと2000穴以上のツボがあると言われています。世界保健機構のWHOで、効果があると認められているだけでも361穴あるのです。

これらのツボを、適当に刺激して良いはずがありません。整形外科の主治医がOKを出してくれるのであれば、マッサージや指圧の治療院に行くのも良いかと思います。

しかしながら、民間療法でもあるマッサージや指圧による治療は健康保険が適用となるわけではありませんので思いの外、費用がかかってしまうものなんですね。

もし、費用のことが気になるのであれば、最初にマッサージや指圧による治療を専門家から受けた上で、ツボの場所を覚えておけば、市販されているマッサージグッズを活用するなどして、自分で治療をするという方法もあります。

今の時代は、健康ブームでもありますので、デパートや大きなシッピングセンターに行けば、健康グッズの販売コーナーはラインアップが充実しています。

その中から、ご自身が使いやすいものを選んで購入すると良いでしょう。

ただし、自分でマッサージや指圧を行う時は、くれぐれもやり過ぎにはご注意いただきたいと思います。マッサージや指圧をやり過ぎますと、症状が悪化する可能性がありますからね。

また、症状が酷い場合も止めておくべきです。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法