頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

雨の日や寒い日に関節に痛みの症状が現れる天気痛とは?

スポンサーリンク

天気が崩れることで現れてくる関節の痛み

関節痛と言いましても、その症状は様々でありまして、常に痛みを感じている人もいれば、時々痛くなるという人もいることでしょう。

この後者の人のように、関節が時々痛くなるという人の中には、その症状が天気に左右されるような方が少なからずいらっしゃるかと思います。

例えば、雨の日や寒い日は関節に痛みの症状が現れるというお話は、よく聞くことではないでしょうか?さらに敏感な人になりますと、『関節が痛いから、きっとこれから天気が崩れるよ』などと天気を予言することもあります。

また、天気によっては『古傷が痛むなぁ~・・・』などと発言する人もいるでしょう。このように、天気が崩れることによって関節に痛みの症状が現れることを天気痛と言います。ということで今回は、天気痛について取り上げることにしますね。

天気に大きく影響を受ける天気痛のメカニズム

前述した通り天気痛は、天気が崩れることで痛みの症状が現れたり、症状が酷くなることを言いますが、そのメカニズムはと言いますと完全に解明されているとは言い難いというのが本当のところです。

ただし天気痛は、気圧と湿度の変化が大きく影響していると考えられているのであります。

雨が振り始めると当たり前のお話ではありますが、気圧が下がって湿度は上昇することになります。天気が崩れて気圧が下がりますと、その影響で、実は私たちのカラダの中ではヒスタミンと呼ばれる物質が分泌されることになるんですね。

なぜかと申しますと、気圧が下がりますと人体では自己防衛本能によって、それに抵抗するためにカラダの中から外へと押し返すための圧力が発生します。この押し返そうとする力を生み出すために、細胞が膨らむことからヒスタミンが分泌されてしまうのであります。

ヒスタミンと言いますと、花粉症の元凶としてあまりにも有名な存在ですが、この物質はアレルギーや炎症を起こしますので、結果として関節に痛みの症状が現れたり症状が悪化することになるわけですね。

血行不良に陥りやすい湿度の上昇

天気が崩れて雨が振り始めますと、湿度が上昇することになります。気候が乾燥している時というには、本人が気が付かないうちに汗は肌から蒸発して水分がカラダの外へと排出されます。

しかし、湿度が上がりますとそれもままならないことから、カラダの中には老廃物が溜まりやすくなってしまうんですね。

老廃物が溜まりますと、血行不良を起こしますので、結果として関節痛の症状が悪化することがあるということです。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法