頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

市販薬を服用することで関節痛を和らげる方法があります

スポンサーリンク

関節軟骨の摩耗が原因の関節痛に効果がある市販薬

関節痛の原因と言いますと様々にあるわけですが、例えばのお話、関節軟骨が摩耗することで痛みの症状が現れているということであれば、市販薬を服用することで症状を改善できる可能性があると言えるでしょう。

ちなみに関節軟骨とは、骨の末端に存在している弾力性を有している厚さが3~5ミリくらいの半透明な骨のことを言います。

老化などが原因となって摩耗する関節軟骨

関節軟骨は、その80%は水分でできるおりまして、言ってみれば水分を吸い込んだ状態にあるスポンジのようなものということになるでしょう。

この関節軟骨が担っている役割はと申しますと、関節を曲げたり伸ばしたりするときに骨と骨がぶつかって摩擦が生じないように防ぐこと、そして外部からの衝撃を吸収するなどの働きを行ってくれているのであります。

ところが、この関節軟骨は老化などが原因となって摩耗することがあるんですね。そうすると、該当部位である関節に痛みの症状が現れてくることになるわけですね。

関節軟骨を再生できれば改善される関節痛

前述したように、関節軟骨が老化などが原因となって摩耗すると痛みの症状が現れてくいるわけですが、このようなケースでは摩耗した関節軟骨を再生できれば症状を大きく改善させることは可能なんですね。

そして摩耗した状態にある関節軟骨を再生させるためには、「コンドロイチン」「グルコサミン」「MSM(メチルスルフォニルメタン)」などの成分が必要とされているのであります。

これら「コンドロイチン」「グルコサミン」「MSM(メチルスルフォニルメタン)などの成分は、軟骨を構成している成分ですから、摩耗した状態にある軟骨を再生させるためには必要不可欠な成分であると言えるでしょう。

軟骨の再生に必要な成分が配合されている市販薬

軟骨の再生に必要な成分は、これらの成分が配合されている市販薬を服用することで補給することができますが、具体的には下記のような薬がそれぞれの製薬会社から提供されております。

・アクテージAN錠(武田薬品工業)
・アンメルシンコンドロパワー(小林製薬)
・コンドロイチンZS錠(ゼリア新薬工業)
・コンドロバランスDXα(第一薬品工業)
・コンドロパワーEX(皇漢堂製薬)
・ノイビタZE(第一三共ヘルスケア)
・フレックスパワーEX錠(ロート製薬)
・リズミカルDA(ノーエチ薬品)

上記にあげている市販薬は、単に50音順で並べているだけですが、これらの市販薬の中でも人気が高いのは、積極的なCM展開が功を奏してか「コンドロイチンZS錠」なのであります。また、口コミの評価を覗いてみてもなかなか好評みたいですからね。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法