頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

直接注射しちゃうの?関節痛の症状改善に効果があるヒアルロン酸

スポンサーリンク

美容や医療の世界で広く使われているヒアルロン酸

ヒアルロン酸と言いますと、美容の世界では大変に良く知られていますし、実際に重宝されている成分でもあると言えるでしょう。

しかしながらヒアルロン酸は、実のところを言えば医療の世界でも広く使えわれているのであります。

そんなヒアルロン酸なのですが、この名称を見聞きすることはあっても、実際にどのような成分であり、そのような効果があるのかということまではご存知ない方が多いかもしれませんね。

ということで今回は、関節痛に対するヒアルロン酸の効果について取り上げさせていただきたいと思います。

そもそもヒアルロン酸って何者ですか?

そもそものお話ですが、ヒアルロン酸はアミノ酸の一種であり、炭素や水素、そして酸素、窒素などで構成されるムコ多糖のことを言います。分子構造的に見た場合、ヒアルロン酸はアミノ酸の一種であるわけですから基本的な構造は同じなんですね。

ということでヒアルロン酸は、アミノ酸と同じように分子量が大きい糖類ということになるわけであります。

そしてヒアルロン酸は、優れた保水力を持っているという特徴があることから、皮膚を筆頭にして人体の中でも水分が多い部位にあるべき成分なのです。

そんなことからヒアルロン酸は、本来は真皮に多く含まれているはずなのですが、何らかの原因で不足する事態になりますと、それがシワやたるみの原因になってしまうということです。

またヒアルロン酸は、皮膚以外の部位では「関節液」「眼球」「血管」などにも多く存在している必要がある成分なのであります。

ヒアルロン酸が減少することで引き起こされる関節痛

前述した通りヒアルロン酸は本来、関節液にも潤沢に含まれていなければならない成分なのですが、関節軟骨が摩耗して関節液が減少すると、それはヒアルロン酸が減少することでもあり、それは関節痛が起きる原因になってしまうんですね。

ヒアルロン酸が減少する原因は、多くの場合、老化の進行にあると言えるでしょう。このヒアルロン酸が減少した場合、食事などから必要量を補給できれば良いのですが、残念なことにこの成分を食事だけから摂取することは困難なものがあるのです。

それでは具体的に、減ってしまったヒアルロン酸の必要量を確保するためにはどうしたら良いのかと申しますと、ここはやはり「医薬品」「サプリメント」「注射」などの方法が採られることになるわけですね。

特に関節痛を治療する場合は、医師の判断で該当部位に対して直接ヒアルロン酸を供給するために関節注射を打つこともあります。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法