頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

関節痛の治療で使われる湿布の種類とその効果とは?

スポンサーリンク

様々な湿布薬が並べられているドラッグストア

関節痛という症状が現れた時、その症状を改善させるために湿布を貼ることで治療をする方が多いかと思いますが、実は単に湿布と言いましてもさまざまな種類があるんですね。

例えばのお話ですが、ドラッグストアなどを覗いて見ますと、それこそたくさんの湿布薬が並べられていることを目の当たりにすることになるでしょう。

ドラッグストアの店頭に並べられているたくさんの湿布薬を見てしまったら、どれを変えば良いのか判断に迷うことになるはずです。ということで今回は、湿布薬の種類とその効果について取り上げてみたいと思います。

湿布薬の種類とその効果

湿布薬には、パップ剤とプラスター剤という2つの種類がありまして、それぞれの特徴とその効果についてご説明しますね。

・パップ剤の湿布薬・・・そもそものお話ですが、ハップとは泥状、あるいは糊状などの意味がありまして、要するに水分を多く含んでいるという特徴を持っております。

パップ剤の湿布薬を貼ると、その水分が蒸発する際に患部からは熱を奪うことになりますので、冷やす効果を得ることができます。また薬用成分を含んでいる水分が、皮膚に吸収されるという効果もあるのです。

ただしパップ剤の湿布薬は、剥がれやすいというマイナスポイントがあります。

ちなみにハップ剤には、温湿布と冷湿布がありまして、冷湿布には「ハッカ」「カンフル」「メントール」などの成分が、そして温湿布には、唐辛子の成分が配合されております。

・プラスター剤の湿布薬・・・パップ剤の湿布薬が水分を多く含んでいるのに対してプラスター剤の湿布薬は、水分は含まれておりません。そして脂溶性の高分子の基材に対して、パップ剤と同様の薬剤成分が配合されている湿布ということになります。

プラスター剤の湿布薬は水分を含まないことから、パップ剤よりも効果は落ちますが、貼りやすく、そして剥がれにくいという特徴があることから、慢性疾患の治療で使われることが多いと言えるでしょう。

冷湿布と温湿布の使い分け

冷湿布は、捻挫や打撲などのような患部に熱があるケースに使うと良いでしょう。このようなケースでは、冷湿布を使うことで血管が収縮しますので炎症や痛みが抑制されます。

それに対して温湿布は、関節痛の痛みが慢性化している時に使うと良いでしょう。例えば、筋肉にこわばりがあったり、あるいは動かすと痛むような類の症状が現れている関節痛に対しては温湿布を使うべきです。

このようなケースでは、患部を温めてあげると血管が拡張されて血行が良くなることから緊張状態にある関節を解すことができるのであります。

もし、冷やしたら良いのか温めたら良いのか分からない場合は、やはり医師に相談する必要がありますね。


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法