頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

膝痛の症状改善や予防に効果があるストレッチのやり方

スポンサーリンク

膝痛を改善できる可能性があるストレッチ

膝の関節と言いますと、何かしらの活動をする場合には稼働させることになります。そしてその関節には、どうしても自分の全体重に近い重量がのしかかってしまう場所ですから、結果として酷使されてしまうわけであります。

そんなことから、年齢を重ねてまいりますと、膝の関節には痛みという症状が現れることが少なくありません。

ただでさえ酷使されやすい部位なのに、日頃の運動不足も重なって膝関節周辺にある筋肉が衰えてしまい、さらに膝の関節は痛める可能性が高くなるのであります。このようにして引き起こされる膝痛の症状は、ストレッチを行うことで改善できる可能性があります。

ただし、患部に熱や腫れなどの症状が見られて炎症を起こしている場合は、逆効果になって悪化することになりますのでご注意いただきたいと思います。

膝痛対策として効果があるストレッチのやり方

膝痛の症状改善や予防に効果があるストレッチのやり方を、2種類ばかりご紹介しますね。

【座って行う膝痛対策のストレッチ】
(1)まずはイスに深く腰掛けましょう
(2)片方の足をゆっくりと上げて5~10秒ほど維持します
(3)足をゆっくりと元に戻してください
(4)反対の足で同じことを行います
(5)左右の足で5回ずつやってみましょう

このストレッチは、一気にたくさんやれば良いというものではありませんが、毎日行う必要はあります。1日あたり、無理に回数を重ねますと、症状が悪化する可能性がありますので気をつけましょう。

【立って行う膝痛対策のストレッチ】
(1)まずは真っ直ぐに立ってください
(2)片方の足を上げて5~10秒ほど維持しましょう
(3)足をゆっくりと元に戻してください
(4)反対の足で同じことを行います
(5)毎日5セット実行しましょう

ストレッチを同時にマッサージもやってみましょう

上記で説明しているストレッチの効果をさらに高いものとするために、マッサージを行うことをおすすめします。膝痛の症状を改善するためには、膝関節のお皿周辺をマッサージしてあげると良いでしょう。

ちなみにマッサージは、血液循環が良い状態で行ったほうが得られる効果も高いことから、入浴中の湯船の中、あるいはお風呂上がりに実行することをおすすめします。またマッサージは、ついつい力を入れ過ぎてしまうかもしれませんが、優しく、そして丁寧に押してあげてくださいね。

お風呂上がりにマッサージを行う場合は、湯冷めに注意しましょう。




関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法