頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

膝痛の症状改善に効果があるグルコサミンとコンドロイチン

スポンサーリンク

膝痛の症状改善に効くと噂のグルコサミンとコンドロイチン

現代人はと言いますと、サプリメントを積極的に活用している人が大変に多い時代となりました。もしかしたら、サプリメントを服用していない人の方が少ないかもしれませんからね。

そして膝痛についてなのですが、実はグルコサミンとコンドロイチンには症状改善の効果があると言われるようになって久しいのであります。

しかしながら、グルコサミンとコンドロイチンが膝痛に良いという話は分かっているものの、それがなぜ効くのかについてはご存知ない方が少なくないように思います。ということで今回は、グルコサミンとコンドロイチンが何者であるのかという点についてご説明したいと思います。

グルコサミンって何者ですか?

グルコサミンとは、実のところを言えば元来が人間のカラダの中で生成されている成分なんですね。そしてグルコサミンには、軟骨の水分を維持する働きや形成と破壊のバランスを調節する役割を担っているのであります。

正常な状態にある軟骨の成分は、その65%以上が水分であることを考えれば、グルコサミンが果たしている働きの重要度が分かろうというものでしょう。そんなグルコサミンなのですが、年齢の進行とともにその生成される量が少しずつ減少してしまうんですね。

そんな時に、グルコサミンを補給してあげることは関節の修復や痛みの軽減のためには有効であると言えるのであります。ちなみにグルコサミンは、エビやカニなど甲殻類の甲羅に含まれていますが、食材からの摂取は難しいことから、多くの人はサプリメントで補給することになるわけです。

コンドロイチンって何者ですか?

コンドロイチンは、実のところを申しますとグルコサミンから生成されているんですね。そして軟骨を構成している成分の1つでもあるのです。そんなことからコンドロイチンもまた、関節や軟骨の健康を維持するためには必要不可欠な成分であると言えるのであります。

またコンドロイチンは、関節の軟骨のみならず色々な臓器にも存在している成分でもあるのです。

前述したようにコンドロイチンは、グルコサミンから生成されているのですが、その関係から、この2つの成分は同時に摂取した方が良いと言われているんですね。そして、グルコサミンとコンドロイチンの摂取を膝痛対策の観点から見た場合、理想とされる摂取比率というものがあるのです。

それが、グルコサミンが5に対してコンドロイチンは4という数字になっているのであります。したがいまして、膝痛の悩みを抱えている方は、グルコサミンとコンドロイチンを5対4の比率で摂取することをおすすめします




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法