頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

膝が痛い時の対処方法は「病院」「鍼灸」「整体」のどこが良い?

スポンサーリンク

それぞれに治療の特徴がある「病院」「鍼灸院」「整体治療院」

膝が痛い時の対処法と言いましても、自分だけでできることには限りがありますので、ここはやはりどこかしらの治療を施してくれるところに行く必要があるでしょう。

その選択肢には、「病院」「鍼灸院」「整体治療院」などがありますが、皆さんだったらどこに行くべきだと考えますか?

「病院」「鍼灸院」「整体治療院」など膝痛の治療を施してくれるところには、それぞれに特徴がありますので、膝関節の状態に合わせて出向く先を選択するという方法もあります。ということで、それぞれの治療における特徴について取り上げることにしましょう。

膝痛に対する指圧や鍼療法による治療方法

指圧にしても鍼療法にしても、どちらも血液の循環を良くすることで膝痛の症状改善を図ることになります。例えば指圧の場合は、ツボに対して指で押して刺激を与えて血液の流れを良くしてくれます。

また鍼療法の場合も指圧と同様に、鍼による刺激をツボに与えることで緊張状態にある筋肉を解して血液循環の改善を促進してくれます。

ただし、指圧や鍼治療というのは、目の前で起きている症状改善には効果がありますが、この治療はあくまでも対症療法的なものでしたありません。要するに、指圧や鍼治療では膝痛が起きている元凶を取り除くような根本的な治療にはならないのであります。

さらに言えば、痛みの緩和を維持するためには定期的な通院が必要となりますし、その効果にも個人差があることから痛みが緩和されないという可能性があることも忘れてはいけませんね。

即効性を求める場合は病院に行きましょう

膝痛の症状が酷く、すぐにでもその痛みを抑えたいということであれば、ここはやはり病院に行って治療を受けるべきでしょう。指圧や鍼治療には即効性はありませんからね。病院に行って痛みの症状を訴えれば、痛み止めの注射を打ってくれます。

痛み止めの注射は、膝の関節に対して直接痛み止めの薬剤を打ち込みますので、即効性はもちろんのことと、かなり高い確率で痛みを抑えることができるでしょう。

ただし、痛み止めの注射による効力は永続的に続くものではありませんので、薬が切れれば痛みの症状はまた現れてくることになります。この方法もまた、膝痛の根本的な治療にはならないのであります。

手術が必要となる軟骨や骨の変形が原因の膝痛

膝痛の原因が、膝関節の軟骨や骨の変形にある場合は、病院で手術を受ける必要が出てまいります。手術によって変形した骨の修復作業や人工関節との置き換え手術が必要ということですね。

このような治療は、当然、病院でしか行うことができないのは言うまでもないことでしょう。


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法