頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頭痛や肩こりの原因となることがあるストレートネック

スポンサーリンク

その頭痛の原因はストレートネックかもしれません

何年もの月日を生きてきて、頭痛を経験したことがないという方はいらっしゃいませんよね。なにしろ、風邪を引いたって頭が痛くなることがありますからね。

成人された男性の場合であれば、『二日酔いで頭痛がする』などということも、けっして珍しいことではないでしょう。

そんなことから、『最近、頭痛に悩まされている』などということが起きたとしても、『またか・・・』程度の認識しかしないかもしれませんね。しかしながら、頭痛が頻繁に起きるということであれば、何かしらの身体的な異変が起きている可能性があると考えるべきでしょう。

そんな身体的な異変の1つがストレートネックなのであります。ハッキリと言わせていただくとすれば、ストレートネックは頭痛の原因になるのであります。

けっして少なくないストレートネックが原因の頭痛

実を申しますと、今の時代はストレートネックが原因となって頭痛に悩まされているというケースが多いんですね。

なぜストレートネックだと頭痛という症状が現れるのかと申しますと、それは頚椎からS字のカーブという湾曲が失われたことで下半身からの振動が、ダイレクトに頭部への衝撃となって伝わってしまうからなんですね。

また、頸部から湾曲が失われてストレートネックになっているということは、頸部周辺の筋肉が衰えていることでもありますので、首こりや肩こりも起こしやすい状態にあるのです。

また、首こりや肩こりが起きるということは、血液の循環も悪いことを意味していますので、頭部が必要としている新鮮な酸素や栄養素が届けられなくなって、やはり頭痛という症状が現れる可能性が高くなってしまうのであります。

様々な症状が現れる可能性があるストレートネック

ストレートネックが原因となって現れてくる身体的な異変は、「頭痛」「首こり」「肩こり」だけではありません。実は、様々な病気を発症する原因になりかねないのです。

例えば、ストレスや疲れが蓄積する、あるいは疲れ目などが原因で起きる頭痛は、ゆっくりと静養することで症状を改善させることができます。ところが、ストレートネックが原因で起きている頭痛は、ゆっくりと静養しているだけでは改善されることがないんですね。

したがいまして、もし静養しても頭痛が治まらないということであれば、ストレートネックになっている可能性がありますので、ここはやはり病院に行って専門の医師と相談する必要があるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法