頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

枕による睡眠中の姿勢などが原因となるストレートネック

スポンサーリンク

脊椎の生理的湾曲が伸びてしまうストレートネック

私たちの頚椎というのは、重さだけで考えた場合、重量物でもある頭部を支えることを目的としてS字カーブを描いているんですね。

このようにS字を描いているカーブのことを、脊椎の生理的湾曲(S字カーブ)と呼んでいるのであります。

しかしなが、本来はS字を描いているべき30度以上である生理的湾曲が頸部のところで、何らかの原因によって30度以下となることがあるのです。このような症状を、ストレートネックと言います。

それでは、なぜこのようなストレートネックとなってしまうのでしょうか?その原因として、どのようなことが考えられるのでしょう?

ストレートネックの原因として考えられること

ストレートネックになる原因としましては、下記のようなことが考えられるでしょう。

・毎日長時間にわたって行われるデスクワーク
・スマートフォンのやり過ぎ
・長時間にわたる読書
・睡眠を取るときの姿勢
・重過ぎるアクセサリー

それでは、個々に説明させていただきますね。

・毎日長時間にわたって行われるデスクワーク・・・ストレートネックになる最大の原因と言いますと、それは何と言っても毎日長時間にわたって行われるデスクワークということになるでしょう。

毎日毎日、デスクワークを行っていますと、やはりその姿勢から首から生理的湾曲であるS字カーブが失われることになってストレートネックを発症することになるのであります。

・スマートフォンのやり過ぎ・・・今の時代は、まさにスマートフォンの全盛と言っても良いくらいに激しく使われているのであります。それは、“スマホ病”とか、あるいは“スマホ依存症”なる造語ができていることからも伺えるというものでしょう。

そんなことから、スマートフォンをやり過ぎる人たちの中には、その操作時の前かがみになるという姿勢の影響からストレートネックを発症する人がいるのであります。

・長時間にわたる読書・・・長時間にわたる読書の場合も、スマートフォンと同じ姿勢の問題からストレートネック発症のリスクが高くなるでしょう。

・睡眠を取るときの姿勢・・・頚椎が前傾になるような、自分に合わない高さの枕を毎日使っていると、やはりストレートネック発症のリスクが高くなますし、また、横向きで寝ている方も注意する必要があります。

・重過ぎるアクセサリー・・・時折、かなり重量があるネックレスをしている方がいらっしゃいますが、このようなケースでも、頚椎には大きな負担がかかることから、ストレートネックになる可能性があると言えるでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法