頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

ストレートネックの症状が現れる原因となるスマホ依存症

スポンサーリンク

ストレートネック発症の原因になるスマホ依存症

今の世の中は、スマホの全盛時代と言っても良いかもしれませんね。なにしろ、一日中スマートフォンを操作している人のことを言う“スマホ依存症”なる言葉があるくらいですからね。

しかしながら、スマホ依存症のように一日中スマートフォンを操作していて、人間のカラダに問題が発生しないはずがありません。

このようにスマホ依存症が引き起こす身体的な問題の一つに、ストレートネックがあるのです。ハッキリと言わせていただくとすれば、スマホ依存症はストレートネックという症状が現れる原因になるのであります。

そもそもストレートネックとはなんですか?

人間の首というのは、前湾角度が30~40度の範囲内にあるのですが、しかし何らかの原因によってその角度が30度以下になることがあるんですね。このように、首の前湾角度が30度以下になる状態のことをストレートネックと言います。

本来は30度以上の前湾角度があるべき首からそのカーブが失われてストレートネックになりますと、身体的には様々な症状が現れてくるようになるのです。

※詳しくはこちらをご参照ください。
>>ストレートネックとは吐き気やめまいなどの症状が現れる病気<<

スマホ依存症がストレートネックを引き起こすメカニズム

スマホ依存症のように長時間にスマートフォンの画面を眺めている人の姿勢というのは、前かがみの状態になっていることから、首からはカーブが少しずつ失われることになります。ということで本来は、スマートフォンを長時間にわたって使い続けるという行為は控えるべきなんですね。

もちろん、1日や2日程度の期間では、首からカーブが失われることはありません。しかしながらこれが毎日、そして長期間ということになりますと、同じ前かがみの姿勢を取り続けることから、首からはカーブが失われてしまうのであります。

一気にストレートネックの状態になるのではないことから、最初は気づくことはないでしょう。しかしながら、本人が知らない間に少しずつ、そして着実にストレートネックの道へと歩き続けることになるのです。

長時間の前かがみという姿勢にご注意を
ストレートネックの原因は、何もスマホ依存症だけに存在しているわけではありません。例えば、デスクワークにおけるパソコン操作のように長時間にわたって前かがみの姿勢を取り続けるという行為は、やはり首からカーブが失われてストレートネックになる可能性があるのです。

したがいまして、一度生活習慣を振り返って、ご自身の生活パターンの中にストレートネックの原因が潜んでいないかどうかを確認した方が良いでしょう。注意すべきは、長時間の前かがみという姿勢にありますからね。




スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法