頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

首が痛い時は病院の何科に行けばいいのか説明しますね

スポンサーリンク

首の痛みは病院に行きましょう

首という部位は、寝違えて痛くなることがありますから、『首が痛い』という症状は、けっして珍しいことではないでしょう。

ただ、寝違えたような首の痛さくらいでは病院に行かないで自然治癒を待つというケースが圧倒的に多いというのが実情なんですね。

しかしながら、首と言いますか頚椎には、非常に大切で繊細な神経が通っている部位でもありますから、あまり首の痛みという症状は軽視して良いものではないのであります。ということで本来は、首に痛みの症状が現れた場合は、病院に行って検査を受けるべきです。

ところで、首に痛みという症状が現れて、いざ病院に行こうとした場合、何科を受診すれば良いのでしょうか?

首の痛みは整形外科になります

首の痛みという症状は、整形外科がある病院に行って診察してもらうようにしましょう。整形外科を受診することで、レントゲン検査を受ければ、どこに異変が発生しているか、大方のところは掴むことができますからね。

もしレントゲン検査で異常が発見されない場合は、整形外科ではなく脳神経外科を受診してみましょう。頚椎の異常は、レントゲンで見つからないこともありますし、頚椎の異常は脳神経外科を受診する必要があります。

またMRIの検査であれば、ヘルニアの症状を見逃すことはありませんから、もし整形外科医で診察で異常なしとなった場合は、やはり脳神経外科ということになるでしょう。

総合病院で受診するという方法

例えば個人病院の整形外科を受診した場合、ここで検査を受けた結果、異常が発見されなければ、紹介状は書いてもらえるにしても、あらためて脳神経外科がある病院に行く必要が出てまいります。

それって、けっこう面倒なことですよね。このような二度手間を省く意味でも、首が痛いという症状を抱えている方は、総合病院に行ってみるという方法があります。

総合病院に行けば、当然のことながら、様々な診療科が揃っていますし、検査の結果次第ではそのまま、該当する診療科へと誘導してくれますからね。

また、カルテに関しましても既に作成されているわけですから、説明をあらためて行う必要も検査を新たに行うという手間を省くいことができるでしょう。

様々な原因で現れてくる首の痛み

首の痛みという症状は、首以外の部位に異変が発生することで引き起こされることがあります。整形外科や脳神経外科での検査結果が『異常なし』だった場合は、内科や耳鼻咽喉科への受診を検討する必要があります。

また、思わぬ原因としてストレスが蓄積されることで首が痛くなるというケースもあります。ストレス対策という問題になった場合は、心療内科の受診が必要かもしれませんね。

ということで、首が痛いという症状が現れた場合は、あまり我慢をしないで病院に行くようにするべきです。




関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法