頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

最近、首が痛いの・・・!?上を向くと痛いのはどうして?

スポンサーリンク

上を向くと首が痛くなりませんか?

上の方を向くと、首が痛くなることはありませんか?なぜ、上の方を向くと首が痛くなるのかと申しますと、首を上に向けるという行為は首を反らせることになるわけですが、そうすると通常よりも神経が圧迫されることになるんですね。

このような形で神経が圧迫された結果、首が痛くなるのであります。具体的なスチュエーションを霊にあげて見ますと、棚の高い位置にある物を取ろうとして上を見上げた場合、あるいは意図して上を向くことがあるかと思います。

首がこのような状態になりますと、首は自然と後ろに反らせることになりますよね。その結果、反らした部分の神経が圧迫されて痛みという症状が現れるわけであります。

頸椎に異変が発生している可能性が

当たり前のお話ではありますが、上の方を向いたからと言って、すべての人が首に痛みの症状を訴えるわけではありません。もし本当に、上を向いた時に痛みという症状が現れるのであれば、頸椎に何らかの異変が発生している可能性があります。

頸椎の異変ということは、場所が場所だけに絶対に放置して良い状態ではありませんからね。ということで、まずは整形外科がある病院に行ってレントゲン撮影などの検査を受けるべきでしょう。

また、医師の判断で頚椎椎間板ヘルニア発症の可能性を考慮してCT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)やMRI(magnetic resonance imaging:核磁気共鳴画像法:かくじききょうめいがぞうほう)の検査を強くすすめられることもあります。

反らした時の首の痛みは初期段階

もし、首を後ろの反らした時だけに痛みの症状が現れる場合は、仮に頚椎椎間板ヘルニアだったとしても初期段階であり、症状も軽度である可能性が高いと言えるでしょう。

ただ、病院に行くことなく放置することになりますと、症状が悪化して頭痛や肩の痛み、腕の痺れなどの症状が現れてくることになりかねません。

また、痛みの原因となる病気は頚椎椎間板ヘルニアだけではありません。変形性頚椎症や頚椎症性神経根症を発症している可能性も否定できないんですね。ということで、繰り返しになりますが、ここはやはり早めに病院に行って診察してもらうべきでしょう。

【変形性頸椎症】
変形性頚椎症とは、何かしらの負担がかかって少しずつ損傷することで変形してしまう病気のことです。

【変形性頚椎症や頚椎症性神経根症】
変形性頚椎症や頚椎症性神経根症とは、頚椎から伸びている神経である神経根が、何かしらの原因によって圧迫を受け、この神経に繋がっている首、肩、腕、指先に痛みや痺れの症状が現れる病気のことです。




関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法