頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

肩こりや首こり、首の痛みを解消できる体操はありますか?

スポンサーリンク

首がこっている可能性が高い肩こり

ついつい見落としがちで、本人も自覚していないことが少なくないのですが、肩こりに悩まされている方の多くは、実は首もこった状態にあるんですね。

そして本人が自覚しているいないにかかわらず、首こりの状態が続きますと、首の痛みという症状が現れることがあります。

もしかしたら、肩こりのせいで首が痛くなってきたと思えるかもしれませんね。しかし、それ以前に首がこっていた可能性がたかいのです。

このような首の痛みを解消するために、体操をやってみるという方法があります。首の痛みを完全に解消することができるかどうかということは、症状の程度にもよりますが、少なくとも改善させることはできるでしょう。

首の痛みに対する体操の効果

首の痛みを解消することを目的とした体操には色々なやり方がありますが、共通する目的には体操を行うことによって首の筋肉を伸ばして弛緩させることがあります。

首に痛みが発生して、緊張状態にある首周辺の筋肉を体操によって弛緩させることができれば、患部の血液循環を良くなります。その結果、蓄積されていた疲労物質が排出されて首の痛みという症状が改善されることになるわけですね。

例えば、日常業務でデスクワークが多い方は、同じ姿勢を長時間にわたって取り続けることから、肩こりや首こり、そして首の痛みという症状が現れやすいので、このような方たちには特に有効な方法であると言えるでしょう。

首の痛みを改善する体操のやり方

首の痛みを改善する具体的な体操のやり方は、下記の流れを参照しながらチャレンジしてみていただければと思います。

【1】最初に仰向けの寝てください。
【2】手のひらを合わせて胸の上にのせましょう。
【3】手のひらは合わせた状態を維持しながら、
【4】両肘を天井方向に伸ばします。
【5】【4】の状態で顔を数回程度下に動かしてください。
【6】力を抜いて終わりになります。

上記の【3】と【4】の運動で、肩甲骨周辺の筋肉を伸ばすことができますし、【5】の運動で頸部後方の筋肉を伸ばすことができるんですね。その結果、患部の血液循環を良くすることができるのであります。

このような体操は、オフィスではできないということであれば、首をゆっくりと360度回すだけの運動でも頸部周辺の筋肉を解すことができますので、痛みも改善させることができるでしょう。

首の痛みを改善する体操を実行するにあたってのポイントは、とにかく、ゆっくりと行うということですね。くれぐれも、無類をしないようにしていただければと思います。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法