頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

首が痛いのは枕が原因?バスタオルで枕の高さ調整する方法

スポンサーリンク

首が痛くなる原因となる合わない枕

朝起きたら『首が痛い!』なんてことは、それほど珍しいことではないでしょう。このようなケースでは、枕の高さが原因となることがあるんですね。

枕というのは、人間の健康に大きな影響を与えると言われておりますが、枕の高さが自分に合っていない状態を続けると、首が痛くなることがあるのです。

それでは、枕の高さが合わないと首が痛くなるのでしょうか?

高過ぎる枕が原因で首を痛める理由

枕というのは、高過ぎても低過ぎても首を痛める可能性があります。例えば、枕が高過ぎますと就寝中に首や肩周辺にある筋肉に余計な負荷がかかって、起床した時にはすでに首を痛めていたなどということはありがちなことなんですね。

また、就寝中の姿勢が横向きのクセがあるという方がいらっしゃいますが、このような方というのは枕の高さが高過ぎることから仰向けの姿勢に負担を感じて本能的に横向きで寝ているというケースがありますので、ご注意いただきたいと思います。

低過ぎる枕が原因で首を痛める理由

ところで、枕が低過ぎる場合、首はどうなってしまうのでしょうか?枕の高さが低過ぎますと、就寝中の姿勢は首の骨の自然なカーブがなくなってしまうんですね。

起きている間の人間の姿勢は、例えば立っている状態であれば首の骨は前方方向へと緩やかなカーブを描いております。本来であれば、就寝中も首の骨はカーブを維持している必要があるのです。

ところが枕の高さが低過ぎますと、就寝中に首の骨は不自然な姿勢を強いられることになるのです。このような不自然な姿勢が仇となって朝起きた時に首が痛くなっていることがあるわけです。

枕は、金額が高ければ良いというものではありません。ご自身に合っている枕を使うことは、首の骨を守る意味では非常に大切なことなのであります。

バスタオルで枕の高さ調整する方法

高過ぎる枕というのは、低くする方向での調整はできません。しかしながら、低過ぎる枕の場合は、バスタオルを使って高さ調整をすることができます。高さ調整をする方法はいたって簡単でありまして、バスタオルを折って枕の下に敷くだけです。

バスタオルを使えば、低過ぎる枕の高さを微調整することができますので、自分に合った高さの枕にすることができるでしょう。

また、高過ぎる枕の場合は、もったいないことではありますが、無理をして使っていると首を痛める可能性が高いので、新規で購入するかバスタオルを枕代わりに使うという方法もあります。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法