頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

朝起きたら首が痛い時は何が原因となっているのでしょう?

スポンサーリンク

朝起きたら首が痛かった経験は?

朝起きたら『首が痛い!』などという経験をお持ちではありませんか?寝違えて、朝起きたら首が痛くなっていたなどという経験は、恐らく多くの方がしていらっしゃるかと思います。

朝起きたら首が痛くなっていたなどという事態は、その日一日を憂鬱なものとしてしまうでしょう。何しろ首が痛かったりしますと、首が気になって仕方がありませんからね。

このような寝違いを含めて、朝起きた時に首が痛いという症状が現れる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

朝起きた時に首が痛くなる原因は?

朝起きた時に首が痛くなる原因としましては、下記のようなケースが考えられるでしょう。

・首を寝違えた
・枕の高さが合わない
・首を酷使したため
・頸椎に異変が起きている
・悪い歯並び

それでは、個々に説明させていただきたいと思います。

・首を寝違えた・・・前の日まで何ともなかったのに、朝起きたら首が痛くて動かすことができなくなっていたというケースでは、多くの場合、首を寝違えたことが原因となっています。就寝時の姿勢が悪かったりして、首への負担が大きくなると寝違えたりすることがあります

・枕の高さが合わない・・・朝起きた時に首が痛くなるのは、首に負担がかかっていることから引き起こされることになります。例えば、枕の高さが合っていなかったりしますと、首への負担が大きくなって首が痛くなることがあります。

よく起こりがちなのが、枕を新しいものに換えた時に首が痛くなることです。これなどは、枕が原因となっている可能性が高いと言えますね。

・首を酷使したため・・・パソコンやスマートフォンの操作を前かがみに姿勢で長時間行っていると、首に大きな負担がかかることから、首を酷使することになります。その結果、次の日の朝に首がいたくなることがあるわけですね。

・頸椎に異変が起きている・・・頚椎ヘルニアのように、頸椎に異変が起きていることが原因となって首に痛みという症状が突然現れることがあります。

もし万が一、頸椎に異変が発生している場合は、できるだけ早い段階での治療開始が非常に大切になってまいりますので、気になる方は病院に行って診察してもらいましょう。

・悪い歯並び・・・悪い歯並びを放置していたりしますと、それが首の痛みの原因になることがあります。悪い歯並び状態では、歯の噛合せが悪いことから食事の度に顎関節に負担がかかります。そして、顎関節と頸椎は繋がっていることから、その影響が及んでしまうんですね。

その結果、首に痛みの症状が現れることがあるのです。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法