頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

風邪などのように首が痛い時に改善の効果を期待できるツボ

スポンサーリンク

身体的不調を整えるツボ押し

身体的な不調を整える方法の一つにツボ押しマッサージがあります。例えば、肩がこった時などに肩を叩いたり、あるいはツボを押してマッサージをすることは、けっして珍しいことではないでしょう。

そして実は、首が痛い時に効果を期待できるツボがあったりするんですね。首がこった時にも、ツボ押しマッサージをすることがあるわけですから、ある意味当然のことと言ってよいでしょう。

それでは具体的に、首が痛い時にマッサージで改善の効果を期待できるツボとはどこにあるのでしょうか?

首が痛い時に効果があるツボとは?

首が痛い時に、改善の効果を期待できるツボには下記のようなものがあります。

・天柱(てんちゅう)
・天容(てんよう)
・完骨(かんこつ)
・風池(ふうち)

それでは、個々に説明させていただきたいと思います。

・天柱(てんちゅう)・・・天柱と呼ばれるツボは、首の後ろで髪の毛の生え際にある太い2本の僧帽筋の外側に位置しています。首がこった時などに刺激するツボとして、一般的にも非常に有名なツボと言ってもよいかもしれませんね。

・風池(ふうち)・・・風池と呼ばれるツボは、天柱の近くにあります。天柱が後頭部にある僧帽筋の外側にあるのに対して風池は内側に位置しています。

・完骨(かんこつ)・・・完骨と呼ばれるツボは、耳の後ろ側で骨が膨らんでいるところの下部から、ちょうど指1本分程度上の方に位置しております。

・天容(てんよう)・・・天容と呼ばれるツボは、完骨の近いところに位置しています。具体的に言いますと、完骨があるツボの場所から少し下がった部位になります。

ツボ押しマッサージ実行時の注意点

ツボ押しマッサージを行うにあたっては、いくつかの注意すべき点があります。具体的に言いますと、天柱と風池を刺激するにあたっては、ツボに対して親指を当てて行ってください。そして他の指は、指で頭部を覆うようなイメージで行うとやりやすいでしょう。

ただ天柱と風池は、あまり強く押しすぎないように注意してくださいね。

また完骨と天容を刺激するにあたっては、この両方のツボを中心にして首全体をマッサージしてあげると良いでしょう。そうすると、首に起きている痛みの症状が緩和されることになるはずです。

以上のように、上記の4つのツボを刺激してあげることで血行不良の状態にある首周辺の血液循環が良くなりますので、筋肉疲労の回復も期待できますし、滞っていた老廃物の排出も行われることになるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法