頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

交通事故が原因で頸椎捻挫になった場合に請求できる慰謝料

スポンサーリンク

交通事故について回る慰謝料の問題

頸椎捻挫は、一般的にはむち打ち症と呼ばれることが多いわけですが、発症する原因が交通事故に遭遇するというケースが少なくありません。

交通事故が発生して、それが原因となって被害者が頸椎捻挫になった場合、やはり慰謝料という問題が発生してまいります。

もちろん、あなたが加害者なのか、あるいは被害者なのかによって置かれる立場は180度違ったものとなってしまいます。

交通事故で、被害者がむち打ち症になった時、ドラマなどで時折『怪我がなかなか治らない』とか、あるいは『痛みが続いている』などということで、加害者側が被害者に『多額の慰謝料を請求された』というシーンを見ることがあるでしょう。

しかしながら、いざ本当に交通事故の被害者になった場合、頸椎捻挫などの怪我で苦しむ側の人間からすれば、慰謝料を請求したくなるのは当然の感情であると言えるでしょう。

国指針の慰謝料算出方法があります

慰謝料というものは上限なしに加害者側にふっかければいいというものではありません。交通事故が原因で起きる頸椎捻挫という怪我は、後々まで症状が尾を引くこともありますので、国から指針となる算出方法が提示されているんですね。

したがいまして、基本的には国からの指針である慰謝料の算出方法に則って計算されることになるでしょう。自動車は、最低限でも自賠責保険に入っているはず(世の中には無保険車も走っていますが・・・)ので、とりあえずはそちらから支払われることになります。

ただし、自賠責保険だけでは賄い切れない場合は、任意保険から支払われることになります。もし万が一、任意保険に入っていないということであれば、自分で支払うしか方法はありません。

もちろん、国からの指針は絶対に従わなければいけないというものではありませんので、不服であれば、当事者間での話し合い、もしくは保険会社との折衝ということになるでしょう。もし、話し合いでも解決できない場合は、裁判で決着をつけるしかありません。

交通事故の被害者が受け取れる費用

交通事故で被害者となった時、受け取ることができる費用といいますと、それは下記のような内容になります。

・治療費
・通院時に発生する交通費
・休業補償費用
・損害賠償費用
・慰謝料

上記の中でも分かりづらいかもしれませんが、損害賠償費用とは、例えば被害者が乗っていた自転車などが壊れた場合の直す、あるいは買い換えるための費用ということになります。

この損害賠償費用や慰謝料の金額に関する交渉は多くの場合、相手側の保険会社の担当者ということになるでしょう。そして最終的には、あなたが示談書にサインするまでは、示談交渉成立とはなりません



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法