頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎捻挫の治療方法の一つである薬物療法で使われる薬

スポンサーリンク

様子見となることが多い頸椎捻挫

首を痛めるなどして病院に行って、仮に『頸椎捻挫ですね』などと診断されたりしますと、一般的には薬物療法として湿布薬や鎮痛剤などが処方されて、暫くの間の様子見ということになるでしょう。

整形外科の医師の側からすると、レントゲン撮影を行った上で異常が発見されない場合は、薬物療法を行いながら、要観察期間ということになるわけです。

確かに骨折などでも、完全骨折の場合はともかくとして亀裂骨折の場合は、怪我の直後のレントゲン撮影では骨折部分を確認できないことは、けっして珍しいことではありませんからね。

元凶の発見が難しい頸椎捻挫

頸椎捻挫のような怪我は、どこが悪いのかという元凶部分を明らかにすることができないケースが少なくありません。なぜならば、レントゲン撮影では筋肉や靭帯、そして軟部組織である関節包に発生した異変を捉えることができないことが多いからなんですね。

そういう意味でも、頸椎捻挫は非常に診断が難しい厄介な怪我であると言えるでしょう。ソンことから、もし頸椎捻挫の疑いがある場合は、やはりこの種の治療に長けている病院で治療を受けるべきなんですね。

ネットで、病院のホームページを確認したり口コミなどをチェックすることで、その病院が頸椎捻挫の治療では経験が豊富で得意としているかどうかを確認することができるでしょう。

多少の手間暇はかかっても、ここで手を抜いてはいけません。何と言っても、良い病院で治療を受けることで後遺症が残る可能性を低く抑えることができるはずですからね。

頸椎捻挫の具体的な治療方法

頸椎捻挫の具体的な治療方法としましては、発症初期ともいうべき1~2週間は安静にする必要があります。

そして患部を安静な状態に維持するために、患部をカラーで固定することもあるでしょう。もし、」痛みが酷いということであれば、鎮痛剤が処方されることになります。また、鎮痛剤の処方にあたっては、胃が荒れることを防ぐために胃薬も合わせて処方する病院もあります。

頸椎捻挫では、筋肉が炎症を起こしていることもあります。そんな時は、炎症を抑制するための抗炎症剤を処方することになるでしょう。

そして湿布薬の中には、皮膚から体内へと非ステロイド性消炎鎮痛薬のNSAIDが吸収されという経皮吸収型鎮痛消炎剤という薬が処方されることもあるんですね。

以上のように頸椎捻挫の治療では、鎮痛剤や抗炎症剤が処方されるわけですが、効果や副作用に関しては個人差が大きいので主治医と良く相談するべきですね。場合によっては、漢方薬を処方してくれる医師もいます。

頸椎捻挫の治療というものは、薬物療法で治すというよりも、症状を抑えながら自然治癒を待つという治療方針となることが多いのであります。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法