頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎捻挫の治療やリハビリで必要となる完治するまでの期間

スポンサーリンク

若いほど強い患者さんの自然治癒力

私たちは、常に何事もなく健康に暮らしていけるわけではありません。長い人生の中では、必ず怪我や病気に見舞われることがあるはずです。

もちろん、怪我や病気には程度というものは人によって様々に違いがありますし、また患者さんが持っている自然治癒力というものは年令によっても異なってくるでしょう。

当たり前のお話ではありますが、患者さんの年齢が若ければ普通は自然治癒力は強いわけですから、治療の期間にしても短くなりますね。

それでは頚椎捻挫で見た場合、治療に必要となる期間はどのくらいになるのでしょうか?

頚椎捻挫の外傷は早く治ります

頚椎捻挫の場合も、状態が軽度であれば1~3ヶ月くらいで治りますし、完治に必要となる期間も半年くらいで済みます。もちろん、患部の場所が繊細なところですし、自然治癒力にも個人差がありますから、それ以上に尾を引く患者さんもいらっしゃるでしょう。

頚椎捻挫の外傷だけ見た場合、だいたいのところ1ヶ月くらいで完治するものです。また、筋肉や靭帯に腫れ、そして内出血が見られる場合でも、1~2週間程度で治るでしょう。

しかしながら、頚椎捻挫はそれだけでは治療が終了したことにはならないんですね。例え外傷が治ったとしても、患部から痛みの症状が続いたり、あるいは手や足が痺れる、肩がこるなどの症状に悩まされて病院通いを強いられることも少なくありません。

さらに頚椎捻挫は、完治したと思ったのに季節の変わり目や天候の変化によって「頭痛」「酷い肩こり」「吐き気」などの症状が現れることもあります。

頚椎捻挫が完治するまでの期間

前述した通り頚椎捻挫は、1ヶ月程度で外傷は治るのですが、しかし外見からは分からない、そして本人の自覚症状である痛みが長引くことも珍しくありません。そんなことから頚椎捻挫は、医師の側としても完治と診断することが難しいと言われているのであります。

また頚椎捻挫は、患者さんの約70%が3ヶ月以内で治療が終了しておりまして、さらに6ヶ月で見た場合は治療が終了する患者さんは約90%となっているんですね。

この治療を終了を完治して見るのであれば、約90%の人が6ヶ月で頚椎捻挫が完治しているということになります。

しかしながら、頚椎捻挫の患者さんで治療が終了していない人が約10%もいることになります。この残りの10%の患者さんは、現実に年の単位で治療を続けているのであります。



関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法