頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

むちうち症とも言われる頚椎捻挫を負うことで現れる症状

スポンサーリンク

後々厄介になることがある頚椎捻挫

頚椎捻挫と言いましてもあまりピンとこない方が多いかもしれませんね。しかしながら、これが“むちうち症”ということになりますと、聞いたことがないという方の方が圧倒的に少なくなるでしょう。

一般的には、むちうち症と呼ばれることが多い頚椎捻挫なのですが、この怪我は非常に対応が厄介であると言われているのであります。

と言いますのは、外見上は怪我としても治療が終わったとしても、何かしらの身体的な不具合の状態が続いてしまうことが少なからずあるからなのです。

症状が長引く可能性がある頚椎捻挫

頚椎捻挫を起こした当初は、外見的にも内出血や腫れなどの症状がありますので、明確に怪我をしていることが分かります。しかしながら、このような表面的な症状はある程度の時間が経過することで治まるものです。

ところが、專門の医師ですら判断できないような痛みなどの症状が、ずっと続いてしまうことがあるんですね。

ということで頚椎捻挫に関しましては、捻挫という外見的にも分かりやすい怪我の症状と、痛みという自覚症状を分けて考える必要があります。

それでは具体的に、他人には分からない頚椎捻挫の自覚症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

尾を引く頚椎捻挫の自覚症状

頚椎捻挫の具体的な自覚症状には、下記のようなものがあります。

・「頭部」「頸部」「肩」などで痛みが続く
・「頸部」「肩」「背中」にこりの症状が続く
・首や腕を動かした時に痛みが出てくる
・腕にだるさを感じる
・腕が重く感じる
・手や足が痺れる

以上が、頚椎捻挫が原因で現れてくる代表的な症状になりますが、これらの症状以外にも人によって様々な症状が出てくる可能性もあります。

例えば、日常生活で何の問題もなかったのに、天気の変わり目や低気圧の接近で頭痛という症状が現れてきたり、あるいは吐き気に襲われる患者さんもいらしゃいます。

上記で述べているような症状が、チクチクと長引いて続くのですから、頚椎捻挫は厄介な怪我であると言わざるを得ませんね。

うつ病の原因となり得る頚椎捻挫

むちうち症は多くの場合、交通事故によって引き起こされますが、この交通事故に遭った時の精神的なショックというのは非常に大きなものがありまして、このことが引き金となって、うつ病を発症してしまう患者さんもいらっしゃるんですね。

交通事故で頚椎捻挫の後遺症が残った挙句に、うつ病に悩まされることになったら、社会復帰できなくなってしまいます。

以上のように、頚椎捻挫の症状は周囲の人間には分かりづらいものがある非常に厄介な怪我なのであります。

関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法