頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎捻挫を引き起こす原因として考えらることとは?

スポンサーリンク

むち打ち症とも呼ばれる頚椎捻挫

頚椎捻挫を引き起こす原因と言いますと、多くの方は交通事故のことを思い浮かべるのではないでしょうか?

仮に頚椎捻挫でピンと来ない方でも、「むち打ち症」の名を聞けば、納得がいきますよね。

例えば、追突事故などで起こりがちなことと言いますと、やはり、むち打ち症が多いわけでありまして、このむち打ち症が頚椎捻挫なのであります。

交通事故が原因で起きる頚椎捻挫

交通事故で追突されたり、あるいは追突したりした場合、その激しい衝撃で車に乗っている人のカラダは大きく前後に揺さぶられることになります。その時に、頭部も激しく前後に揺さぶられてしまうんですね。

このように頭部が前後に激しく揺さぶられてしまいますと、頸部の関節や筋肉、靭帯などが捻挫を起こすことになるわけです。頸部には、繊細で大切な神経がたくさん通っていることから、その影響は計り知れないのであります。

ところで頚椎捻挫は、上記で述べているような交通事故だけが原因で起きるものではありません。実は、スポーツが原因で起きることも少なくないのであります。

スポーツが原因で起きる頚椎捻挫

頚椎捻挫は、スポーツが原因で起きることは、けっして珍しいことではありません。スポーツと頚椎捻挫がどのような形で関わるのかと申しますと、その多くは、生身の人間同士の激突などによる転倒の際の衝撃や受け身の失敗などが原因となることが多いのです。

具体的に例をあげてご説明しますと、ラグビーやサッカーなどのスポーツでは、相手の選手と激突して転倒することはよくありがちなことです。このようにして転倒した際に、首を捻ったりすると頚椎捻挫を起こす可能性が高くなるわけですね。

また、格闘技はさらに危険がたくさん隣りあわせて存在しています。例えば、柔道やレスリングの試合などで受け身を失敗して首を捻る、あるいは頭部を打ち付けるなどして頚椎捻挫になることがあります。

スポーツは、競技の内容が激しければ激しいほど頚椎捻挫という大きな危険が潜んでいることをもっと認識する必要がありますね。

スポーツや交通事故以外の原因

頚椎捻挫を起こす原因は、スポーツや交通事故だけではありません。要するに、頚椎捻挫の原因は頸部が大きく揺さぶられることだけではないということです。

具体的に言いますと、下記のようなことが考えられます。

・頭部や顔面を強打する
・首を強打する
・首を強く捻る

以上のように、頚椎捻挫は頭部や頸部にイレギュラーな強い力が加わった時に発症するということになりますね。



関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法