頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

加齢による筋力低下や悪い姿勢が原因で発症する頚椎ヘルニア

スポンサーリンク

人体で最も早く老化が始まる椎間板

頚椎ヘルニア発症の最大の原因は、加齢による筋力低下や骨や関節の衰えにあると言われております。

ところが近年では、20歳代という若者たちの間でも頚椎ヘルニアを発症する方が増えているのであります。

加齢による筋力低下や骨や関節の衰えで頚椎ヘルニアを発症する患者さんの場合、椎間板の老化に原因があるわけです。実は椎間板という組織は、人間の体の中でも最も早く老化が始まると言われているんですね。

そんなことから、ある程度の年令になってしまった方というのは、誰もが頚椎ヘルニアを発症する可能性があるわけです。それでは20歳代という若い人たちが、頚椎ヘルニアを発症するのはなぜなんでしょうか?

悪い姿勢が原因の頚椎ヘルニア

昔は、頚椎ヘルニアといいますと発症患者の多くは老化が原因で発症しておりました。しかしパソコンの全盛時代である現代社会においては、デスクワークにパソコン作業を欠かすことはできません。

パソコンの操作する姿というのは、多くの方が前屈みとなって悪い姿勢で作業する方がほとんどなんですね。このような無理な姿勢で作業を続けると、首、方、腰に大きな負担を強いることになるのであります。

パソコン操作など、悪い姿勢が招く疾患の一つが頚椎ヘルニアなのです。悪い姿勢は、頚椎ヘルニア以外にも酷い肩こりや腰痛などになってしまうこともあるわけですね。

悪い姿勢が招く頚椎ヘルニアは、例え年齢が若くても発症する可能性があるということになります。

スポーツや事故による頚椎ヘルニア

頚椎ヘルには、激しいスポーツや交通事故のような激しい衝撃を外部から受けることでも発症することがあります

激しいスポーツといえば、例えば柔道やレスリング、そしてラグビーなどをあげることができます。また、交通事故でムチ打ち症になってしまうことがありますが、ムチ打ち症は頚椎ヘルニアの原因となることがあるのです。

意図的に事故を起こす方はいないと思いますが、スポーツなどはある程度避けることが出来る部分もあるかと思います。

激しいスポーツは、頚椎ヘルニアを発症する可能性があることを認識していただきたいと思います。もし、痛みなどの自覚症状がある場合は、病院で検査を受けてくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法