頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎ヘルニアの悪化で手術という選択肢!本当に完治しますか?

スポンサーリンク

最終的な手段の手術による治療

頚椎ヘルニアというのは、病状が悪化すると痛みであったり、あるいは痺れという症状が現れたりして、日々の生活にまで影響が出てしまうこともあります。

このような状況に置かれてしまいますと、保存療法という治療にも限界が見えてしまうこともあるでしょう。

そうすると、最後の手段としての手術という選択肢も、本格的に検討する必要性に迫られてしまうこともあり得るのです

ただ、実際に手術のことを考えた場合、本当に治るのかどうかということが心配になってくるはずです。

本当のところ、頚椎ヘルニアの手術を受けることで完治するものなのでしょうか?

二通りある手術による治療方法

頚椎ヘルニアの手術には、二つの方法があります。その一つは、神経を圧迫して痛みや痺れの原因となっているヘルニア状態の髄核(ずいこつ)を直接取り除く方法です。もう一つは、脊柱管(せきちゅうかん)を広げることで圧迫を緩和させる方法になります。

皆さんもご存知の通り、頚椎の周りというのは大切で非常に繊細な神経がたくさんあります。そんな部位にメスを入れるわけですから、手術が簡単なわけありません。

もし万が一、神経を傷つけてしまったら大変な事態になりかねません。大変な事態というのは、例えば具体的に申しますと、脊髄や神経の損傷が原因で体に麻痺が出てしまったりします。

それ以外にも、頸動脈や食道を傷つけたり、感染症のような危険な合併症を起こす可能性も、けっして低いものではないのです。

リスクのある手術による治療

手術を受けるということは、なんとなく全てが解決するような気になったりするものですが、手術は万能ではありません。

せっかく覚悟を決めて手術を受けたのに、現実には痺れが残ってしまったり、あるいは症状が改善されなかったというケースも少なくありません。

そうは言っても、やはり本人からすれば、痺れや痛みから止むに止まれず決断したり、医師が手術を行わないと危険であると判断された場合は、手術の必要性は高まってしまうわけであります。

最終的な判断として、本当に手術を受けるということであれば、高度な医療技術をもっている病院で、実際の手術を行った実績もった経験豊富な医師に実施してもらいべきですね。

それが、リスクを最小限に減らす方法ということになります。頚椎ヘルニアが悪化して手術という選択肢が視野に入ったのであれば、事前に病院や専門医の情報を集めておくのも非常に大切なことです。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法