頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎ヘルニアとオーダーメイドの枕

スポンサーリンク

>>頚椎ヘルニアと枕の関係<<からの続きです。

変化する就寝時の姿勢

前述した通り、オーダーメイドで制作される枕というのは、基本的に仰向けの姿勢で就寝した時の姿勢に合わせて作られているわけであります。

ところが人間が眠っている時というのは、就寝時から起床する時まで同じ姿勢を維持することは考えられることではありません。

当然、人は眠っている時に寝返りを打つという行動を取ります。この時に、いくらオーダーメイドの枕であっても、その人に合った高さを維持することはできません。


要するに横向きに寝た時の姿勢に、オーダーメイドの枕は対応していないんですね。オーダーメイドの枕で眠っているうちに寝返りを打って横向きに寝た場合は、明らかに首には負担がかかってしまうのです。

就寝時の姿勢に合わせた枕は、健康を維持するたために非常に大切であるということで、せっかく枕をオーダーメイドで作ってもらったとしても、現実には朝起きてみたら、首や肩に違和感を感じるなどというケースは少なからずあります。

これは、横向きに寝てしまった時の枕の高さが合っていないことが原因なんですね。

おススメの枕とは?

枕の高さというのは、快適な睡眠を得るためには非常に大切な要素です。そしてその高さというのは、仰向けの時でも横向きの時でも合っている必要があるのです。

このような両方の高さに対応した枕が、良い枕ということになるのです。良い枕というのは、首にダメージを受けないこが条件になります。

それは、それほど硬くなくて、肩や首、そして頭部などをトータルで支えてくれるて、寝返りうを打つときにも支障がないような形状のものが良いでしょう


再三申し上げている通り、頚椎ヘルニアの方でなくても健康を維持するためにはご自身に合った枕選びは非常に大切なことです。

具体的にはどのような枕が良いのかということになろうかと思いますが、此処から先は個人差のあることなので皆さんに判断していただきたいのです。

私個人的には、そば殻の枕はなかなか快適なものだと考えております。そして低反発や高反発の枕は避けた方が無難でしょう。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法