頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎ヘルニアと枕の関係

スポンサーリンク

体型にマッチした枕の選択

身体的に何の問題もない人でも健康を維持するためには“枕”というものは非常に大切な睡眠を取るときのアイテムなわけであります。

それが頚椎に爆弾を抱えているような頚椎ヘルニアを発症している方であれば、ご自身の体型にマッチした枕というのは必須アイテムになるはずです。

ご自身の体型にマッチした枕というのは、イコール自分の理想とする高さにある枕ということになります。


自分の高さに合っていない枕で睡眠を取ろうとすると、仮に頚椎ヘルニアを発症している人であれば、症状を悪化させることになります

さらには、睡眠の質にも弊害が生じてまいりまして、酷い場合は不眠症に陥る方もいらっしゃるのであります。

余談になりますが、今の日本では4人に1人の方が不眠症に悩まされているというデータがあります。もちろん、不眠症の原因は頚椎ヘルニアだけではなく、うつ病などの他の要因が存在しています。

難点のあるオーダーメイド枕

ということでご自身の体型にマッチした枕を選ぶということは非常に大切なことなのです。それが特に頚椎ヘルニアを発症している方であれば、枕選びを慎重に行うことは必須項目と認識した方が良いでしょう。

それでは、頚椎ヘルニアの人が症状を悪化させないための枕とはどのようなものなのでしょうか?

まずは皆さんには、ご自身が就寝する時のことを思い浮かべてみていただきたいと思います。


当たり前のことではありますが、人が眠る時の姿勢というのは仰向けに寝たまま身じろぎもせず、同じ姿勢に終始しているわけではありません。

健康志向が強くなった今の時代は、枕をオーダーメイドする方が増えております。ということで、ご自身の頭部の形状や頚部の湾曲に対応した高さの枕を発注する方がたくさんいらっしゃいます。

ところがこのようなオーダーメイドの枕というのは、多くの場合仰向け就寝時の高さに合わせて制作されることになります

さて、このような枕で寝返りを打ったらどうなるのでしょう?


>>頚椎ヘルニアとオーダーメイドの枕<<に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法