頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎ヘルニアと牽引療法の効果

スポンサーリンク

>>頚椎ヘルニアの牽引療法とは?<<からの続きです。

効果に個人差が極端な牽引療法

頚椎ヘルニアの治療において牽引療法の効果というのは、かなり大きな個人差が存在しています。

牽引療法がマッチした患者さんには大きな効果がありまして、その恩恵に良くしている方がたくさんいらしゃいます。

その方たちからすれば、牽引療法は非常に効果の高い治療方法として評価されているわけであります。


その一方で、望むほどの効果を得ることができなかったとか、その反対で症状が悪化してしまったという方もまた、たくさんいらっしゃいます。

私も、某掲示板の頚椎ヘルニアのスレッドを覗いたことがあるのですが、牽引療法は絶対に行うべきではないと、頚椎ヘルニアで現在進行形でお悩みの方が主張していました。

見た感じでは、牽引療法の否定派の方が多かったですね。ただ、牽引療法で症状が改善した人は、お悩み掲示板には訪問することはないでしょうから、それだけで牽引療法を否定することはできませんけどね。

防御反応によって悪化することも

それではなぜ牽引療法で症状が悪化してしまう人が出てくるのでしょうか?

牽引療法を行って筋肉を伸ばしますと、人間の本能が防御反応を示すことがあります。筋肉を伸ばすことに対する防御反応というのは、反対に縮むという現象になります。

そしてこの防御反応は、筋肉が緊張状態にあって神経過敏になっている部位ほど強く現れる可能性が高くなります。

そんなことから、頚椎ヘルニアの牽引療法で症状を悪化させしまう人がいるわけなんですね。


また、頚椎ヘルニアで狭くなってしまった椎間板には引っ張る力が加わることで良い効果がありますが、正常な椎間板にとっては引っ張る力は余計な力でしかありません

このようなことから、正常なはずの椎間板に異常が現れてしまうケースもあるんですね。

頚椎ヘルニアを治療するにあたって、牽引療法を採用するかどうかの判断は非常に難しいものになります。最終的には、患者本人が納得して上での主治医の判断ということになるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法