頚椎ヘルニアや頚椎捻挫の改善方法、名医や有名な病院などについて取り上げます。

頚椎ヘルニアと漢方の効果

スポンサーリンク

>>頚椎ヘルニアを漢方薬で改善する<<からの続きです。

酸素と栄養の供給不足に陥る淤血状態

漢方の世界では、頚椎ヘルニアの原因は淤血(おけつ)にあると考えられております。頚椎ヘルニアによって淤血(おけつ)状態となって、血行不良に陥ってしまいますと、新鮮な酸素や栄養が本来必要とすべき体の組織に届かなくなってしまうんですね。

そうすると栄養不足となった細胞は正常な機能を果たさなくなってしまいますので、色々な症状が現れて病気になってしまうわけです。


その病気の一つに頚椎ヘルニアがあるのです。淤血の影響が、神経にまで及んでしまって痺れや痛みという症状が出てくるというのが漢方の世界での考え方なのです。

例えば長期間に渡って頚椎がヘルニア状態になっている方というのは、血液の流れが澱んでしまって血液として果たすべき役割がかなり失われているということになります。


頚椎ヘルニアで使われる冠元顆粒と独歩丸

したがいまして漢方では、頚椎ヘルニアの症状を改善するために、何よりも原因となっている淤血を取り除くことになるわけであります。

淤血を取り除くことで、新鮮な血液が流れを確保すること、そして淤血を引き起こしやすい体質を改善することが漢方の目的になります。

頚椎ヘルニアが進行して、痛み止めやブロック注射では効果が得られなかった人が漢方の治療で改善されたという事例が現実にあります。


頚椎ヘルニアで使われる漢方薬としては、「冠元顆粒(かんげんかりゆう)」「独歩丸(どっぽかりゅう)」などがあげられます。しかし、ここはやはり専門の漢方医に症状を詳しく説明した上で相談に乗ってもらったほうが良いと思います。

また漢方薬というのは、全ての人に効果があるというわけではありません。ケースバイケースで、ある人は骨格の歪みやズレを矯正する整体が良かったということもありますし、運動療法の効果が見られたという場合もあります。

効果の面で個人差の大きい頚椎ヘルニアは、それぞれの方が専門の医師と相談しながら色々と試してみるとよいでしょう。

くれぐれも自己流のストレッチなどにチャレンジなどしないでくださいね。



関連記事

【頚椎症や頚椎ヘルニアを解消する】
自分で治せる!頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法